元海上自衛員が教えるダイエット

海上自衛官としての勤務経験がある私が話すダイエットはハッキリと言えば少しキツいです。ですが、実際に効果があり、尚且つ筋肉が付きます。別に筋肉を付けたくない方でも回数を減らせば良いだけなので、大丈夫です。

キラリ麹の炭クレンズ生酵素は評判悪い?購入して3ヶ月使用した効果とアラサー女子の口コミ!

やはり、自衛官は身体が資本です。それは、陸、海、空、どこも同じで教育隊に入隊してからは身体作りと併用して勉学もします。

その身体作りも長年の知識と伝統が合わさって作られたカリキュラムで、多くの者が皆さんが想像できる、あのキチっとして屈強な自衛官になれるように訓練されます。

勿論、何も教育隊でのことをそのまま実践するのではなく、その中から忙しくとも出来るものを厳選して説明したいと思います。

・食事制限はしなくていい!

そもそも、無理に食事制限などすると逆に体調を崩してダイエットどころではありません。寧ろ、少しふくよかな方がそこまで苦労しないでしょう。(事実、私は細身で痩せ型だったのですが、逆に太るように頑張ってました)

・運動も自宅で出来る範囲!

自衛隊ともなれば息が出来なくなるまで走らされるとか、腕が壊れるまで腕立て伏せをするとか、そういったキツいことを思っていませんか? まあ、否定はしませんが。

確かにそういった訓練もあります。しかし、基本的には毎日身体を少しでも良いから動かすことです。最初は筋トレなどがキツいのであればストレッチからでも構いません。とにかく、仕事に帰った後、もしくは、お風呂上がりに軽くのでいいので身体を動かすようにしましょう。

・慣れてきたら少しだけキツめに!

毎日身体を動かすことに慣れてきたら、今度は本格的に動かしてみましょう。

オススメなのが私が実践していた筋トレです。

・腕立て伏せ 30秒(秒数は人によって変えてもOKです)

・腹筋    30秒

これを3セットから2セット。

たったコレだけで終わりです。場合によっては5分も掛からないでしょう。

秒数ならば回数よりも明確ですし、キツければ休憩してもかまいません。大事なのは継続することです。(筋肉痛になったら一日空けるなどして身体を休めましょう)

補足ですが、私の場合は腕立てを3種類に分けてやっており、腹筋もまた2種類ほどやっているので内容が少し違ってきます。物足りないのであれば部位ごとに動かしてみるといいでしょう。ネットなどで調べればいくらでも出ます。