中年になれば、お腹のたるみも悪くない

今とは違い私が学生の頃は体罰による躾は日常茶飯事、監督や先輩から良く言われたのが「お前は、気持ちがたるんでいるんだよ!」。

シロジャムの効果!

モノであれば見ることが出来るのですが、気持ちは目に見えるものではない、見えるものでなければ実在しないのかもしれないのですが、当時の私は「気持ちがたるんでいるんだよ!」を何となく理解していました。

中年になった私が娘から言われるのは「お腹が、たるんでいるよ」、気持ちと違いお腹は目に見えて実在する。娘に言われなくても、お腹がたるんでいるのは自分が一番分かっている、分かっていても妻が作ってくれる食事は美味しいため、ついつい食べ過ぎてしまう。

一緒に暮らしていると同じ食生
活を送る妻、妻のお腹もたるんでいるのですが、妻は補正下着を着ているため家族以外は妻のたるみには気付いていません。
一緒に暮らしていると夫婦喧嘩をすることは良くある、男の私に比べ妻は口が達者、言い返せない私は妻が補正下着を身に着けていることを、いつか誰かに話してやろうと思っています。

お腹が大きくたるむとオシッコをするのが大変、なぜなら、たるんだお腹でオチンチンが見えないのだから。
娘は私にダイエットを勧めるのですが、部下のOLは私のたるんだお腹を指でツンツンしてくれるため、今のところ私はダイエットする気はありません。