寝る前はちみつダイエットをしたものの…

寝る前はちみつダイエットとは、夜寝る1時間前にはちみつを大さじ1杯食べて寝るだけ!というダイエットです。
人は睡眠時に体の中で脂肪が分解されるので、就寝前にはちみつを食べるとぐっすり眠れるようになり、眠りの質が良くなる=痩せる、という理屈のよう。

http://www.vanessabuirskiinteriors.com/

はちみつは大好きだし、寝る前に甘いものを食べられるというので、飛びつきました。
3週間ほど続けてみたものの、特に痩せたということはなかったのですが(逆に太りもしませんでしたが)、確かに睡眠の質は良くなったかな!と思いました。

私は寝つきが悪いだけでなく、夜中に起きてしまうこともよくあったのですが、はちみつを食べて寝ると朝までぐっすり快眠なのです。
でもダイエットに関しての効果はないからやめようかな~、と思ってやめてみたものの…。

意外な弊害が起きたのです。
そう、はちみつを摂り続けた結果、寝る前に甘いものが食べたくなるようになってしまったのです!
習慣というのは恐ろしい…。

甘いものの誘惑を断てるようになるまで、はちみつダイエットをやめてからさらに3週間かかりました。
ただ快眠効果に関してはばっちりなので、ぐっすり眠りたい!という時には今でも行っています。
ちなみにダイエット効果を得るためには、夕飯の炭水化物を減らす必要もあるようです。