夏の気になるブラジャーの、簡単にできる臭い対策

高温多湿な日本の夏は、家事や通勤、そして仕事でも、大変汗をかきやすい季節です。
このような時期、女性のバストも、汗がこもりやすく、臭いがつきやすくなりがちです。
お肌が密集している谷間の部分は、特に臭いやすいものです。

プルーストクリームの口コミと効能

そんな肌に触れているブラジャーにも、臭いの成分が付着しやすいゆえ、その臭いにお悩みの方は、大変多いことでしょう。
ここでは、夏の気になるブラジャーの臭い対策について、解説していきます。
まずは、バスト自体の臭いケアで、最もシンプルな方法としては、職場に行ってから、下着から全て着替えることです。
着替える際、バストについた汗もしっかり拭きとりましょう。

制汗剤やボディパウダーをつけておくことも有効です。
もしも、着替えるスペースや着替える時間がない場合は、次の方法を取るのもよいでしょう。
通勤時、汗を拭きとるシートなどを、バストの谷間に挟んで汗をできるだけ吸い取りましょう。
職場に到着したら、挟んだシートを捨てましょう。
そうすれば、臭いのリスクを大幅に減らすことができます。

また、トイレの中などで、こまめにバスト全体の汗を拭きとるようにしましょう。
もしも、自動車通勤が可能な職場なら、汗をかかない通勤もできるでしょう。
次に、ブラジャーの臭いケアについてです。

谷間にあたる部分に、塩素系漂白剤をつけて、お風呂に入っている間に漬けおいて、お風呂から上がったときに洗濯して乾かせば、翌朝には清潔な状態に乾いているでしょう。
夏、ブラジャーの臭いにお悩みの皆さん、これらの方法をぜひ、試してみてはいかがでしょうか。