寝るだけダイエットのやり方

寝るだけダイエットとは、その名のとおり寝るだけのダイエットですが、具体的なやり方は以下のとおりです。

「21時以降に食事や運動はしない」。快糖茶の悪い口コミを徹底検証!

寝る直前に食事を摂ると、そのカロリーが消費されずに蓄積されてしまいます。

また、寝る直前に運動をすると交感神経が優位になり、眠りにくくなってしまいます。

「寝る1時間前にハチミツやアーモンドを摂る」。

蜂蜜を摂ると、糖質が肝臓に溜まるので成長ホルモンが出されやすくなります。

また、アーモンドに含まれている「アルギニン」にも、成長ホルモンを出しやすくする働きがあります。

「午前3時までに寝る」。

成長ホルモンが出やすいのは、22時から午前3時までといわれているので、0時までにはお風呂に入っておき、1時には布団に入れるようにしておきましょう。

「7時間睡眠をとる」。

寝るだけダイエットでは、7時間を理想の睡眠時間としています。

寝不足だと肥満になりやすくなるので、しっかり7時間眠るようにしましょう。

「眠り始めの3時間が重要」。

成長ホルモンが出されるのは、眠り始めてから3時間の間です。

ですから、その間はしっかり眠れるよう、寝る1時間前にはスマホやパソコンを見ないようにしましょう。