【まるでライブ!?】音楽を上手く活用してダイエット効果をアップさせて見事減量に成功!

私は以前ダイエットをしていた際、冬場はランニングに出ることが億劫になってしまい何とか家の中で効率的にカロリーを消費できないかと考えたことがあります。その際、ある方法を思い付き実践したところ、それまで行なっていたダイエット方法が楽しくなると共に、見事減量に成功したのです。

おすすめの着圧レギンスをランキングで紹介!美脚効果を徹底比較!

それは音楽を活用する、という至ってシンプルな手法です。よくランニングやジムでのトレーニングの際に音楽を聴いている方がいるかと思いますが、単に運動のリズムを取ったり気分を上げるだけでなく、音楽を上手く利用してカロリー消費しようと考えたのです。

具体的には筋トレやランニングをする際に音楽を聴きながら歌うのです。よくカラオケに行った際に、1曲を歌い終えた後に消費カロリーが表示されますよね。大概1曲あたり5~8カロリーを消費する程度ですが、この僅かな消費カロリーも数をこなせば大きなダイエット効果を発揮するのではと考えたのです。

例えば音楽を聴いて歌いながら腹筋を50回連続で行なったり、冬場のランニングでは短時間に抑えたランニング時間の中で走りながら小声で聴いている曲を歌うのです。殆ど口パクのような状態でも構いません。外で歌いながら走るのはかなり抵抗感があるかと思いますので、私は夜の遅い時間に走って口パクで歌うようにしていました。

すると普通に腹筋をするだけでも相当疲れますし筋肉を鍛えられるのですが、歌うことで一層疲労感が増して1回1回の腹筋が厳しくなります。音楽を聴いているだけでしたら気分も上がって腹筋の回数もスピードも速まるかもしれませんが、そこに腹式呼吸で歌うという要素を加えるとお腹周りの筋肉を一層鍛えることが出来るのです。分かり易く言えば、腹筋しながらカラオケをするイメージです。カラオケで歌い終えた後に画面パネルに表示される消費カロリーが、腹筋による消費カロリーにプラスされると考えて頂ければ想像し易いかと思います。

この方法で腹筋を連続で100回行ない、夜遅くに家の周りを30分程度走っただけで1週間後には洋服のウエストサイズが2サイズダウンしました。また体重も2kg減量することに成功しました。

腹筋しながら歌う時のポイントは思い切りカラオケのように歌うということです。歌を口ずさむよりも、ライブのように全力で歌う方が圧倒的に体力を消耗します。そこで自宅をライブ会場だと想像して、思い切り声を張りながら歌って腹筋や腕立て伏せを行ないました。自宅ですから他の人の目を気にする必要もありませんから意外と楽しくノリながら腹筋をすることが出来ました。

ダイエットはどんな方法でも正直気分が上がるものではありませんし、キツいことは覚悟の上で挑戦しますよね。だからこそ少しでも自分が楽しいと思える方法で、継続的に行なえるダイエット方法を模索して実践することが大切だと思います。今回ご紹介した、歌いながらの筋トレ・ランニングをぜひ参考にして頂き、あなたのダイエットが成功することを切に願っています。